読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きろく。

おもに「子宮頸がん」と診断されてからのきろく。できごとなど。

高額療養費・疾病手当金について

今回の病気、入院で会社の総務にしてもらった

事務手続きについて記録に残します。

 

■高額療養費(限度額適用認定申請) 

「高額療養費」入院等で高額な医療費がかかる場合、1ヶ月に約8万円

(入院と通院は別会計)を超えた分を後日取り戻す制度。

「限度額適用認定申請」事前に予定がわかれば先に申請できる制度。

所定の申請書に記入して、会社の総務に提出したのち

後日「証書」が自宅に届く。病院会計窓口で月ごとの支払いの際に、

その「限度額適用の証書」を提出すれば、約8万円を超える分は

請求されないようにすることができる。

(「約8万円」は健康保険診察分が対象。特別室代など、保険外の

部分については対象外。)

⇒私の場合は「8万円」となってますが、この金額は被保険者の

所得で5つの区分にわかれます。なのでわたしの所得だと8万円

だということなので、個人の所得により限度額は変わりますので

ご注意を。

 

■疾病手当金

 「疾病手当金」私傷病で仕事を休み、給与が支給されない期間に

ついて、健康保険から給与の一部が支給される制度。

金額は給与の約3分の2程度。働けない状況が続く限り、

最長で1年6ヶ月間、受給できる。主治医の証明書が必要。

申請書は「全国健康保険協会」のHPからも印刷ができる。

なお「社会保険料・住民税」はこの疾病手当金から、後払いで

振り込むことになる。

 

疾病休暇を4/13から5/7まで取得したので、その期間の

「疾病手当金」の証明書を先生に記入してもらう

ために、今日、産婦人科外来に書類を預けにいきました。

完成まで2週間から1ヶ月かかるとのこと。

診察の時から、わたしの仕事についても雑談などでも

話していたし、その時から「書類なら書くよー!」って

言ってくれていたのであとは書類の完成を待ちましょう。