読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きろく。

おもに「子宮頸がん」と診断されてからのきろく。できごとなど。

手術後1週間、外来。

子宮の円錐切除手術をして1週間。

手術直後からそうだったけど、思ってたより身体は元気。

出血もなく、茶色いおりものはつづく。

 

この日に切除した部分の病理結果がわかると思ってたけど、

まだ出てなかった。

(この結果を聞くことに対して、緊張して具合が

悪くなりそうだった。まぁ1週間じゃでないとも、思っていた

から想定内ではあった。)

その後、傷口の確認と消毒で内診台に。

すると先生「手術よりは痛くないようにするからね~」

え(゚д゚)!こわい~( ;∀;)

たぶん、組織をとっているんだけどそれが

もう痛くて、痛くて・・・( ;∀;)「パチン」って切ってる音も

恐怖を倍増させる!

泣きはしなかったけど「いたい~( ;∀;)」って声に

だしてました。

「終わったよ~!」という言葉とともに、内診のカーテン越しに

足をぽんぽんされました。そのぽんぽんがちょっとキュンって

なぜか感じました。なんでだ!?

茶色いおりものがあることも伝えましたが、

傷口に問題はなさそうです。

また1週間後に病理の結果を聞きにくるため、次回の予約を

とって今回の外来は終了。

 

帰りに近くのスーパーで買い物をしようとしたのですが、

だんだん具合が悪くなったため、スーパーには行ったものの

すぐ帰宅。

帰宅してからは、食欲もなくずっと眠っていた。

手術直後より、体調は悪かった。

熱が38.5度あった。あの内診のせい?

手術前日から禁酒していて、今日の結果がよかったら

アルコール解禁してお祝いって思ってたけど、

それどころではまったくなかった。

 

本当にあの内診は痛かった。

先生も「手術より痛くないようにするからね~」

とか言うから手術の痛みがよみがえったじゃないか!

まあそんなこんなだけど、憎めないわたしの主治医の先生

なのでした。