読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きろく。

おもに「子宮頸がん」と診断されてからのきろく。できごとなど。

告知①

2回目の外来。2/10に受けた精密検査の結果をダンナも一緒に聞きに行く。

先生は前回とちがい、男の先生だった。

しかもおじさんといった感じでもないぞ?わたしと年齢近いんじゃない?

(この先生とのおつきあいがずっと続くことになる)

 

「大部分はCIN3相当の上皮内病変(0期)だが、一部で間質浸潤を認める(1a期)

浸潤幅は0.6㎜、深さ0.2㎜(1b期)」

結果。子宮頚部に一部だがガンが認められる。

 

正直なところ「やっぱりな」と思った。

前回、女医先生がしつこくこれまで毎年検査を受けてきたか聞かれたし、

卵巣嚢腫を以前していて婦人科系が弱いこと、父親がガンで亡くなっていること。

この2週間結果がわからずモヤモヤしていたので、病名がわかってよかった

という気持ちもあったように思う。

となると、これからどう治療すべきかだ。

→告知②今後の治療方針に続く。

 

広告を非表示にする