きろく。

おもに「子宮頸がん」と診断されてからのきろく。できごとなど。

「がんを学ぶ」


がんを学ぶ ひとりのがん(癌)に、みんなの力を。

 

役にたちそうなサイト見つけた。

広告を非表示にする

がん患者 “治療と仕事の両立” を目指して - MIRAIMAGINE(ミライマジン) NHK

がん患者 “治療と仕事の両立” を目指して - MIRAIMAGINE(ミライマジン) NHK http://www.nhk.or.jp/shutoken/miraima/articles/00715.html

 

気になった記事。

手術後2ヶ月。定期検査①

円錐切除の手術後2ヶ月。

術後以来、はじめて定期検査に行ってきました。

 

先生に会うのも2ヶ月ぶり。

前から楽しみにしていたけど、実際にその日になると

緊張しました。

 

結果からすると、検査と診察で10分もしなかったです。

あっけなーい。

先生もあっさりめで面白いことはありませんでした。

そもそも、先生に面白さを求めてる時点でずれてる笑)

あげくに名前を間違われました。ひどい(´;ω;`)ウッ…

まあ、元気で問題ないのでだんだんとこうなるんですね、

病状的にはいいことなんですが。

 

検査は細胞診とコルポ診と超音波の検査。

子宮筋腫があるけど、これは経過観察でいい。

他も問題なさそうとのこと。

(痛い組織診はなかったのでほっ。)

診察は生理の確認などをして、検査に異常があれば

電話します。

異常がなければ、次回の検査は10月とのことで

10月の予約をして終了しました。

 

短い診察でしたが、スクラブマニア?として

先生のスクラブを観察しました。病院オリジナルのスクラブ

でした。(赤十字の刺繍が入っているもの)

そして「ご主人元気ですか?」って聞かれました。

いつも先生、ダンナのことを聞いてくるんだよね。

そんなに印象が強かったのかな?

 

というわけで、本当に元気で病気のことを

すっかり忘れるぐらいの日常をおくっています。

 

 

 

 

 

「白衣マジック」と「陽性転移」

「白衣マジック」白衣を着ているお医者さんが、かっこよく

みえること。

こんな言葉があるんですね~。知らなかった~。

でもわかるわ( *´艸`)

(ちなみにわたしの主治医先生は、白衣ではなく「スクラブ」

と呼ばれる、青いVネックの半袖タイプの上下を着ていますが、

個人的には、白衣よりこの「スクラブ」のほうが好き。)

 

「陽性転移」心理学の専門用語みたいですが、ひらたく言うと、

患者が医師などの医療従事者に好意、恋心を抱いてしまうこと。

 

「医者」で検索かけると「かっこよくみえる」

「好き」などの第2検索ワードがでてきて、先生のことを

好きになる方って結構多いんだなあって感じました。

 

でもこれすごいわかる!私も先生のこと好きだし!

毎週1回から2回は先生に会っていたし、

内容の濃い話を重ねてきて、信頼関係も築いてきたし、

「命がだいじ。」「命を守る。」って何度も言われたらねえ♡

まあわたしの場合は、野球選手などにキャーキャー言っている

のと同じ、ファン心理でとどまっていますが!(念のため)

通院しているときはそれほど、

キャーキャーといった心理はありませんでしたが、

通院が一旦終了したあと、先生のことを

思い出して先生ロスに陥っています(;´∀`)

(毎週会っていたのに会えなくてさびしい)

 

病気を治療するのに先生の存在は当たり前だけど大きい。

医学的に治療してくれるからはあたりまえだけど、

今回のわたしのことで言うと、病院に行くことが、

先生に会う楽しみになっていたので精神的にも大きな存在でした。

治療もだけど、先生のキャラだからこそ、病気について考えて

むきあうことができました。

主治医がいまの先生でよかったと思います。

 

通常の「先生ロス」ならそれこそ「コードブルー」を

観たりするんだろうけど、わたしの場合は「U字工事

の動画を見て笑っています。ネタも純粋に面白い。

さすがに「だっぺ」とは言わないけど、イントネーションは

ほぼあのとおりで先生は話すね笑。味わい深い北関東なまり笑。

 

ka-tan.blog.jp

このカータンBLOG面白い。

「スクラブ+タメ語」でイチコロ笑。わかる( *´艸`)

 

元主治医が忘れられない : 恋愛・結婚・離婚 : 発言小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 

 

 

 

 

 

 

浜田ブリトニー

自分が病気になってから、芸能人の病気の

報道に敏感になってたけど、今回の「浜田ブリトニー」は

自分の病気とまるで一緒でした。

手術方法はわたしとおなじ「円錐切除」ですが

浜田ブリトニーは「高度異形成」ということで

まだガンになる前段階での発見、

早く見つかってよかったです。

 

わたしが今年の検診で要検査になり、精密検査の結果

「浸潤癌」の状態だった(これでも早期発見で幸い

だったことは幸運でしたが)

「中度異形成」「高度異形成」の状態では見つからなかった

んだよなあ。

だから初診の時に、女医先生が「検診でひっかかたのははじめて?」

ってしつこく確認してきたんだと改めて思いました。

 

とにかく浜田ブリトニーもブログで言っているように

「健康診断は大事」ということは、しつこいですが、

わたしからも強く伝えたいです。

 

余談ですが、ブログで円錐切除経験者の方々が、コメントを

残していますが「眠っているあいだに終わってた」

そんなことなかったよー!わたしはまったく眠れなかったからー!

痛くて泣きましたもの(´;ω;`)

麻酔が効かなかった特殊な例かもしれませんが。

こういうこともあるよーということです(;´∀`)

 

ameblo.jp

 

浜田ブリトニーのブログ読むと、全身麻酔で手術してたり、

入院の日数も多かったりと、同じ手術をしているのに

違うんだなあと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

「傷病手当金」書類そろう

以前にお願いしていた傷病手当金

主治医の先生が

証明していただく書類が完成したので、

半休もらって受け取りに行ってきました。

 

1ヶ月ぶりの病院。

担当の先生の絡みか、産婦人科外来はほとんど

患者さんがいなくてびっくり(いつもなら午後でも

たくさんいる。)

先生いるかなぁ?なんて思って行ったけど、大きい

病院だからそうは会えませんね(;^ω^)

そして先生に書いてもらった書類の傷病名が

「子宮頸部微小浸潤癌」

改めて文字で見るとビビる・・・。

まったくもって元気だけど、あくまで経過観察中の

状況なんだと思い知ったのでした。

これで書類がそろったので、休んだ期間の給与の一部が

支払われるぞ!

こういう時に、会社員(正式には契約社員だけど)で

社会保険料を支払い続けていてよかったと思いました。

 

いまの病院に初診でかかったのが2月10日。

春はほんとうに季節を感じる余裕もなく、

もう夏になる。

健康に生活できる毎日に感謝。

 

f:id:moruran:20170601172513j:plain

 

 

 

 

 

子宮頸がんと診断されたら―大切なのは組織診断と進行度の確認 | メディカルノート

子宮頸がんと診断されたら―大切なのは組織診断と進行度の確認 | メディカルノーhttps://medicalnote.jp/contents/150826-000003-GYZKCV

 

自分用に。