きろく。

おもに「子宮頸がん」と診断されてからのきろく。できごとなど。

卒業しました

手術してから1年。

先日受けた定期検査の結果を聞きに行きました。

 

結果は異常なし。

「ここの病院は卒業ですね。」

主治医の先生から卒業を言い渡されました。

なんか「卒業」ってことばが先生らしくて感慨深い気持ちが

こみあげました。

今後については先生が知っている近所の婦人科のクリニックで

1年に1回は必ず検査を受けてくださいとのこと。

いくつか近所のクリニックを紹介してもらったのですが

(ちなみに容態が安定した患者を近くのクリニックに紹介する「逆紹介」

という制度)

先生が土曜日のみ行っている隣駅のクリニックであれば

僕がいるのでよければ1年後に会いましょうと言われたので

迷わず、1年後の検査は先生が土曜日に行っている隣駅の

クリニックに行くと決めたのでした。

先生のこと、大好きなので!

(「僕じゃなくてもいいんだけどね」って言ってたけど。)

 

というわけで、治療にまたこれでひとくぎりです。

まさか自分がこの年齢で「がん」になろうとは。

でも告知されたときは「やっぱりな」って思ったり。

もともと妊娠を望んでいないとはいえ、もしかしたら

「子宮」「卵巣」を摘出するかもしれないと言われて

しまった現実。

(結果的には幸運なことに円錐切除で子宮の入口の一部分

のみの切除で終わったけど)

 

ともかく私の経験から言えることは、前から何度も

ここでも記していますが「検査の大切さ」

「早期発見」です。

会社の定期健診で「がん」が見つかったことは

本当に幸運でした。

ちなみに4月から会社の雇用形態が嘱託社員からアルバイトに

変更となり、今年から会社の定期健診は受診できなくなって

しまったので、自分で病院を探して受診することを

忘れずにしないと!

 

自分の備忘録用に作ったブログですが

少しでも誰かの参考になることができていたなら

ブログをつくった意味があります。

これまでありがとうございました。

 

これからも病気の情報や、自分の思ったことなどを

メモみたいなかんじで残しておくために

こちらはこのまま残して続けていこうと思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

手術後1年経過。定期検査③

 今日は円錐切除の手術をして1年後の定期検査へ

行ってきました。

 

前回の検査から半年。

久しぶりの病院に少し緊張しましたが、

検査が終わってみれば、いつもの主治医の先生に会えて

嬉しい時間となりました。

 

今の生理の状況などを問診した後、検査は

●細胞診●組織診(パチンが少し痛かった)●血液検査

検査の結果は2週間後にまた聞きにいくことになりました。

前回指摘された子宮筋腫も確認されましたが、

これは経過観察でいいとのこと。

あとは今回も夫婦で子供を望んでいるかも聞かれました。

不妊治療をはじめるなら年齢的にもうギリギリなのでしょう。

「ふたりで元気にやっていくことに変わりないです」

と答えました。これはゆるぎない。)

 

先生はあいかわらず、わたしの大好きな先生でした。

内診台のカーテン越しに

先生「実家が栃木の宇都宮なんですけどね、実家の

近くに野良猫がすみついてしまって。

暖かくなってきて冬を越せたかなあ。」

先生「実家は外で犬を飼っているんですけどね、野良猫

がくるとまあ吠えるんですよ。」

って栃木なまりで話しかけてくる平和な時間でした笑。

コウノドリ」のサクラ先生や四宮先生とも明らかに

違うけどキャラは突出している大好きな先生なのでした。

そこそこ大きな総合病院なんですが、こんな先生はきっと

珍しいのかな?

先生にはずっと今の病院にいてほしいです。

 

 

 

 

 

腐女医の医者道!  外科医でオタクで、3人子育て大変だ!編|さーたり|第4話 大腸カメラの話|コミックエッセイ劇場


腐女医の医者道! 外科医でオタクで、3人子育て大変だ!編|さーたり|第4話 大腸カメラの話|コミックエッセイ劇場

「子宮頸がんは働き方の問題でもある」 32歳、ある女性の選択

「子宮頸がんは働き方の問題でもある」 32歳、ある女性の選択(BuzzFeed Japan)のコメント一覧 - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20180125-00010003-bfj-soci&s=lost_points&o=desc&t=t&p=2

大腸カメラを予約

昨年の会社の健康診断で便潜血が陽性とでてしまい、

大腸カメラを受けることになりました。

3日前から食事制限、前日の夜は下剤を飲んで

当日の朝もまた専用の下剤&水を大量に飲むとか(>_<)

いやだなあ。

婦人科の検査は何回もしてますが、

胃カメラもやったことないし、大腸カメラもはじめて。

この年齢になってもはじめての経験はまだまだ

世の中にたくさんあるもんだ。

無事に終わりますように。

 

www.onaka-kenko.com

 

 

広告を非表示にする

おおみそか

ときおり小雨がみぞれになったりして、

とても寒い2017年のおおみそかとなりました。

今年は病気が見つかった本当に大きな年となりました。

発見から治療、経過についてはこちらに記したとおりです。

わたしが今年経験したことからみなさまに伝えたいことは

何度も言ってますが「健診に行くことの大切さ」です。

行ってなんでもなければなんでもないでOKなんです。

 

実は先日受けた会社の健診で今度は大腸でひっかかり

大腸の内視鏡検査を受けなければならないことに

なりました。

ここ数年、マンモグラフィー、子宮頸がんとひっかかり、

今度は初めて大腸でひっかかりました(>_<)

母親が通ってた病院で大腸内視鏡検査を受けられるか母親に

聞いたら、「今度は大腸!?」って驚かれましたが「大腸がんなら

こんなに太らない、やせていくって言うからね。」

と一蹴されました笑。

というわけで年明けに検査へ行ってきます。

 

それから「コウノドリ」今回もよかったですね~。

コウノドリ」の感想についてはまた後日

ゆっくりと。

 

いろいろありましたが、

おおみそかをこうしておだやかに

迎えることができて本当によかったです。

どうぞよいお年をおむかえください。

 

2017年12月31日

 

 

 

 

広告を非表示にする

子宮頸がん克服 ドラマー小林香織さんが説く検診の重要性(日刊ゲンダイDIGITAL)

子宮頸がん克服 ドラマー小林香織さんが説く検診の重要性(日刊ゲンダイDIGITAL) https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171230-00000005-nkgendai-hlth