きろく。

おもに「子宮頸がん」と診断されてからのきろく。できごとなど。

病気になって

病気になったのは、よくはないことだけど、

病気になってよかった?と感じたことは、

ダンナとの時間が増えたことです。

わたしの仕事はシフト休み、ダンナの仕事も泊まり

勤務のある不定期休み(平日よりは土日休みが多め)

なので、休みは月に数えるぐらしか一緒になりません。

休みがぜんぶ一緒というのも、自分だけの時間がなく

息苦しくかんじるので、そこまでは望みませんが、

一緒に過ごす時間は、決して多いとは言えない状況です。

 

今回、病気がわかったことで、ダンナも仕事を調整してくれて

通院などはほぼつきあってくれました。

退院後もしばらく、職場で疾病休暇をいただいているので

これまでの生活よりは、一緒の時間が増えたので

よかったのかなあと時々思います。

 

ダンナの誕生日は5/7なのですが、例年だと仕事の繁忙期である

GW最終日付近なので、疲れてしまって

きちんとお祝いをしたことがないのですが、

今年はきちんと感謝の意味をこめて、お祝いしようと

思っています。(たぶん笑)

 

広告を非表示にする