読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きろく。

おもに「子宮頸がん」と診断されてからのきろく。できごとなど。

手術後2週間。外来。

手術から2週間。特に大きな変化はなし。

茶色っぽいおりものは続いていたけど、量は減ってくる。

先生「生理がずっと続くようなかんじ」

ネットでも「手術10日後ぐらいから、傷口のかさぶたが

とれるため出血がある。」

とあったけど、まったくそのような出血はなし。

出血がないのはいいことなのか。

 

そしてとうとう手術した生体の病理結果がでました。

コメント「術前の生体標本をレビューしましたが、診断に変更ありません。

今回円錐切除標本にはHSILや浸潤成分を認めず、生検でほぼ採りきれて

しまうくらい限局した病変であったものと考えます。」

採ったモノからは、癌細胞も、癌に病変しそうな細胞も検出

されなかった。初診の時に、女医先生が行った組織検査の時に

限りなく小さい小さい小さいピンポイントな癌を、偶然にも

採ってしまったのではないか?

女医先生が初診で行った検査が治療になってた可能性が大。

 

こういうケースはたまにあるみたいですが、

きわめて珍しいみたいです。

現に検査を進めていくたびに、どんどん結果がいい方向に

変わっていきました。

強いていうなら、採取した部分を12分割した1部分から、異形成

上皮成分が認めらるがこれは、早急なものではなく

経過観察でいいとのこと。

 

2月から行っていた「子宮頸がん」の治療は、

最後に傷口を見てもらって一旦終了。

次は6月に検査。その後も2~3か月に1回は検査する予定。

 

「癌はおおむね5年以内に再発しなければ完治とみなす」

とされているので、完治とさせるにはまだまだですが、

これでずっと抱えていたもやもやから、解放されたー!

やっと治療に区切りをつけることが、できました。

「結婚記念日やりなおそう!」ということで、いつもの

ピザ屋さんで夫婦でお祝いしました。

そして帰宅したら、武蔵野市から「子宮頸がん検査の

お知らせ」が届いていました。

よりによって今日かよ!もうなってるし!

という「さまーず」の三村なみのツッコミをせずには

いられませんでした(;^ω^)

 

そして、今回の病気で長らく、お世話になった主治医の先生が

とった細胞、組織、生体からは癌が発見されなかったのに

ただ癌について脅されただけ(物言いも医者からぬ、表現豊かで

オーバーだから余計にびびる)なのでした。

と言っても、先生のキャラでわかりやすく教えてくれたおがげで

病気についてむきあい、考えることができました。

先生に「命を守る」って言ってくれたことが嬉しかったです。

最後は「今度は6月ね!またお会いしましょう!」

ということで、今後ともよろしくお願いします(*^▽^*)