読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きろく。

おもに「子宮頸がん」と診断されてからのきろく。できごとなど。

退院

朝食を完食。

麻酔がきかなかったからか、麻酔の後遺症と

みられる頭痛やだるさなどもなし。腹痛もなく、体調の問題なし。

 

外来開始の9時前に先生が病室に来てくれて、退院前の診察。

ひとつ気になっていたのが、生理中だったのですが、

手術後、生理の出血はないけど大丈夫なのかということ。

今は止血の薬が入ってるからとまってるけど、そのうち

でてくるでしょうとのこと。心配ないということでした。

この時点では出血がないほうがいいみたいです。

 

【退院後に気をつけること】

①シャワー浴のみ、湯船につかることは次回の外来まで禁止。

②自転車は禁止。

③遠方への外出は控えて、無理なく過ごす。

重い荷物を持つ、長距離を歩き続けることなどは、手術創部への負担に

なるためさけること。

④多量の出血、下腹部痛、38度以上の発熱などの症状があれば、

次回の外来を待たずに受診してください。

腰椎麻酔の影響で頭痛が生じる場合がある、頭痛時は水分摂取して

しっかり休息する。

 

先生の診察後、看護師さん「退院の許可が出たので

退院の準備をしていいですよ。」

その後、婦長さん?らしき方と「退院療養計画書」で

退院後の生活を書類で両者ともに確認をして、退院となる。

入退院受付で会計を済ませ、お迎えに来てくれたダンナと

いつもどおり徒歩で帰宅。

想像してたより(ネットの体験記などを読んでいた)

元気だった。ほぼ手術前と変わらない感じだった。

 

といっても退院当日と退院翌日は、ほぼずっとベッドで

休んで過ごしました。

先生は「手術してしばらくは生理がずっと続くような症状になる」

と言っていたので、今後の症状についてのほうが気になる。

(生理中に手術をしたというのも、気になっていた。)

 

手術して2,3日ぐらいはまったく出血やおりものもほぼなし。

なんか拍子抜け。

4日目以降から、出血ではなく、茶色っぽいおりものがしばらく

続くようになる。そしてこれはにおいがする。

 

 

 

 

広告を非表示にする