きろく。

おもに「子宮頸がん」と診断されてからのきろく。できごとなど。

手術前検査

8回目の外来。

入院前、最後の診察は手術前検査。

 

手術前検査

①血液検査・尿検査

②看護師面談(アレルギー有無の確認、入院のしおりの読み合わせなど)

③レントゲン検査・心電図検査

④診察(手術前面談、家族同伴)

 A:子宮頸部円錐切除術説明同意書

 B:子宮頸部円錐切除の説明書

 C:医療の不確実性について

 D:肺塞栓予防処置の説明・同意書

 E:輸血用血液製剤 使用説明・同意書

の書類の読み合わせ。

まあ、先生のキャラで終始和やかにすすむ。

今まで出会ったお医者さんの中で、いちばんフレンドリーで

いい意味で先生らしからぬ(悪く言うと、表現ゆたか

すぎるのでそれが、おどしにかかるとグサグサとハートにくる)

からね。聞きたいことも、遠慮なくなんでも聞ける。

肺塞栓予防というのは、手術中は同じ体制でいるので

エコノミー症候群をふせぐのと同じように、着圧ストッキング

をはいてもらいますということ。

(ドクターショールの医療用みたいなもの。

手術が終わったら普段も使用していいんですって。)

入院前日の食事は21時まで。入院・手術当日は朝6時までなら

水分をとってOK。

入院前日のアルコールは?→アルコールOKだそうです(^o^)丿

 

手術が1週間早まっただけで、手術まで1週間となった!

 

 

広告を非表示にする