読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きろく。

おもに「子宮頸がん」と診断されてからのきろく。できごとなど。

母親に告げる

これまでのことは、いっさい母親には伝えていない。

さすがに手術となれば言わなくてはならない。

自分が病名を告知された時より、職場の上司となにより

母親に病気を告げることが精神的にきつかった。

母には「ダンナと休みが一緒になったから、たまには夜、外食しない?」

とだけまずは伝える。

実家で病名を告げたら、一瞬泣き崩れた。

「お母さんより先に逝かないで。」みたいなことも言ってたように思う。

母が気にしているのは、父親がガンで亡くなっていること(享年53歳)

そして父が亡くなった病院が、今わたしが通院しているM病院であること。

ただこれまでの経過をダンナが冷静に母に説明してくれて、

すぐに落ち着いたようだった。

しっかり者のダンナさんでよかったね。

あなたが産まれた病院で、子宮を摘出するのもなにかの運命なのかも

しれないね。

M病院も、だいぶ昔とは変わっているもんね。

考えようによっては、初期でよかった。手術で済むのなら。

あなたは運が昔から強い。(どういうところが?と聞いたら

小学校の担任の先生が毎年いい先生にあたる。

無理だと思っていた大学に合格したことなどらしい。)

そして子宮は他の臓器と離れているから、転移するとしても

卵巣など限られるのでは?ともう前向きになっていた。

さすが母はつよし。そしてわたしの妹に電話して、

かれこれわたしの病気のことを話して「がん保険にはいっときなさい。」

とすぐ現実的になっていたのも母らしい笑。

夜は3人で「華屋与兵衛」でもりもり夜ごはんを食べた。

とりあえずこの日までに、上司と母親には病気のことを告げてほっとしたけど、

職場の仲間に病名を言うべきか、このままふせておくべきかはしばらく

迷いつつ、考えながらこの頃は仕事をしていた。

 

 

 

広告を非表示にする