きろく。

おもに「子宮頸がん」と診断されてからのきろく。できごとなど。

告知②今後の治療方針

さあこれからどう治療すべきかが問題。

 

ごく初期であれば

「円錐切除」狭い範囲での簡単な手術。子宮温存、妊娠も可能。

 

さらに病状が進んでいたら

「子宮全摘出手術」全摘するにもとる部分と方法に3通りある。

①「単純子宮全摘」子宮全体を摘出するが、卵巣や卵管を残すことが可能

後遺症も少ない。

②「準広汎子宮全摘」ややのりしろを多めにとりますよ、①と③のあいだ。

③「広汎子宮子宮全摘」広めにのりしろふくめてとりますよ。骨盤内を広く切除する

ので排便や排尿に関わる神経を傷つけてしまうこともあり、その場合は後遺症が

残ることもある。

 

この時に円錐切除の説明はほぼなく、全摘の説明についてが主で

すぐに全摘する方向(①②③のどの方法になるかはこれから決める)

取り急ぎ4/16に入院、4/17にオペ、4/24退院

入院、手術日まで決定される。

あと今後考えてほしいのが「卵巣」をどうするか?

更年期がくれば卵巣の機能は不全になるが、卵巣にガンが転移する

ことを考えて子宮全摘手術の時に「とらない、残しておく」

「ひとつとる」「ふたつ右左とる」を考えておいてほしいと

言われる。

 

ただ私の身体、ガンって告知されても元気なんだけどなあ~。

生理も規則的だったし、普通に生活しているし。

次の外来は3/3(金)に来れますか?とのこと。

3/3(金)は3回目の結婚記念日でふたりで休みとって

結婚披露パーティーを行った代々木ビレッジでディナーする予定

だったのに・・・。もちろんそんなこと言ってられず、

次回の外来は3/3㈮でMRIをするとのこのと。

本当はMRI検査をするのに、予約が必要で予約だと2か月後になってしまうので、

当日必ずキャンセルが出るから、キャンセル待ちで

受けましょうと。それだけ緊急性があるということなんだ。

 

 

 

広告を非表示にする