読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きろく。

おもに「子宮頸がん」と診断されてからのきろく。できごとなど。

記録をのこす大切さ。

今この記事を書いているの2017年の4/25㈫です。

円錐切除手術を受けるまでに、過去の手術経験などを聞かれることが

多々あったのですが、約20年前に手術した卵巣嚢腫

記憶があまりなくて・・・。

そのこともあって、今回の治療記録を自分の備忘録的意味と

職場で疾病休暇をいただいている時間に

わたしの周りの方々にも役にたてるかなと思って

過去を振り返りブログにしています。

病気やけがの体験記は本当に助かったし、ありがたいと

以前に骨折したときも、今回の病気でも強く思ったので。

 

卵巣脳腫の手術経験があり、もともと婦人科系が弱いことと

父親が上顎洞癌で20年前に亡くなっているという癌の家系であること

もあり、精密検査の結果を待っているあいだも

「なんとなくガンかもなあ。先生にもしつこく検査を毎年受けてきたか

聞かれたしなあ」と思って精密検査の結果がでるまでの2週間を過ごしていました。

この時点ではまだ職場でも「早く紹介状を持って病院へ行ったほうがいい」

と強く言ってくれた先輩ひとり(年齢もちかい)にしか状況は

話していませんでした。(あの時強く言っていただいて感謝しています、

自分のなかではそこまで深刻に考えていませんでした。)