きろく。

おもに「子宮頸がん」と診断されてからのきろく。できごとなど。

初診②

先生「検診の結果の内容はおわかりですか?」

わたし「わからないのでおしえてください。」

この女医先生はこの初診のときだけしか、お会いしていませんが、産婦人科

部長先生で、丁寧かつ端的でわかりやすい説明で調べるとスーパードクターとして

名前があがる先生でした。

 

子宮頚部細胞診所見:HSIL(高度扁平上皮内病変)

わたしなりにわかりやすく解釈すると、子宮頸がんになるには細胞レベルが

軽-中ー高と異形成していき癌細胞になっていく。

わたしの細胞診の結果と、今先生が診察した感じでも

中から高のレベルであること。

(中等度異形成・高度異形成・上皮内癌の可能性)

 

精密検査の結果は2週間後とのこと。

がん?これはなんとなくやばいかも・・・と

だんだん思うようになって2月中は過ごす。

精密検査の結果は2/28㈫

 

 

 

 

広告を非表示にする